総量規制対象外とは? キャッシング

総量規制対象外とは?キャッシングで重要な上限の考え方

キャッシングの総量規制対象外とは?

キャッシングには上限が法律で定められています。貸金業法に総量規制という定めがあり、これによって年収の3分の1以上の借入はできないとされているのです。

 

ですからおのずと借入限度額にも上限がでてくるということになります。いくら収入が多くても、この総量規制がある以上はいくらでも借りられるというわけにはいかないのです。

 

しかしすべての金融機関に、この総量規制が適用されているわけではありません。世の中には総量規制対象外と呼ばれている金融機関もあるのです。

 

総量規制対象外とは?と疑問に持つ人も多いかもしれませんが、じつは総量規制が定められている貸金業法は、消費者金融などを対象にしているものです。

 

この貸金業法の適用を受けていない金融機関、例えば銀行などはこの総量規制の影響を受けることがないのです。したがって銀行のカードローンを利用する場合は、年収の3分の1以上となる借り入れもできる可能性があります。

 

もっとも総量規制の対象外だからといって、必ず高額の借り入れが可能になるというわけではありません

 

そもそも銀行は審査基準が高い金融機関ですので、キャッシングを利用するためには収入や勤務形態、勤続年数などの審査項目でそれなりの基準を満たしていることが必要になります。